アレルギー対策

私たち人間と一緒で、猫によっては食物アレルギーを持っているケースもあり得ます。そのことを考慮して、キャットフードを選ぶように心がけましょう。
たとえばキャットフードには肉の含まれているものもたくさんありますが、肉にアレルギーを持っている猫もいます。もし牛肉や鶏肉のキャットフードを与えてアレルギー症状が出た場合、アレルギーリスクの低いラム肉の配合されているものを探しましょう。

また穀物に対してアレルギーを持っている猫も多いです。もしトウモロコシや小麦を多く含むキャットフードを与えてアレルギー症状が出た場合、穀物を使っていないグレインフリーのキャットフードを与えるようにしましょう。

キャットフードの中には、着色料や酸化防止剤といった添加物を含んでいるものも見られます。そしてこのような添加物に対して、アレルギー反応を起こしてしまう猫もいます。もしアレルギー症状を呈したのであれば、使っているキャットフードの成分表をチェックしましょう。
着色料の他に、BHTとかBHAといった酸化防止剤が含まれているのであれば、それらがアレルゲンの可能性があります。無添加のキャットフードもありますので、そちらにスイッチすると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク