キャットフードの種類

キャットフードの種類ですが、大きく分けて3つのタイプに分類できます。それはドライタイプとウェットタイプ、セミモイストタイプです。ドライタイプは、読んで字のごとく、乾燥していてカリカリしたキャットフードになります。水分含有量は10%以下のものと定義されています。キャットフードと聞いて、世間一般ではこのタイプの食べ物をイメージする人が多いでしょう。

ウェットタイプのキャットフードは、こちらも見たままで水分を多く含んでいるタイプになります。水分が75%以上含まれているキャットフードのことで、肉や魚の身がそのまま入っているものやペースト状になっているものなど、ウェットタイプの中でもいくつかの異なるスタイルがあります。なかにはさらに水分量が多く、スープ状のフードも最近では販売されています。

セミモイストとは、先ほど紹介したドライタイプとウェットタイプの中間に位置しているキャットフードになります。水分含有量ですが、25~35%程度で製造されているものが多いです。子猫や老猫のような歯が発達していない・弱っているなどの理由で噛み応えのあるフードは難しいという猫にマッチしたキャットフードになります。食べやすいですが、歯石が付きやすいと言われているのでこまめに食べかすをふき取ってあげるように注意しましょう。

このようにキャットフードにはいろいろな種類があります。それぞれに異なる特徴があるので、自分の猫に合ったものをあげると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク